アイフルって今はどうなっているのでしょう

・アイフルについて

アイフルは日本の消費者金融業者の草分けです。チワワの「くぅ〜ちゃん」によるCMがパパ役の清水省吾さんとともに大ブレークしたことでも有名です。

設立は1978年と古く、現在の社長は創業者の福田さんという方です。中堅クレジット会社のライフはアイフルの子会社です。

かつて、アイフルは強引な勧誘や取り立てが問題となっていました。ついには2006年に全店舗営業停止処分を受ける事になります。2002年から放送されていた「くぅ〜ちゃん」のCMもそれに合わせて中止されました。

これがきっかけとなり、アイフルは株価が急落し、その後の3年間で1/100にまで減ってしまいます。

・消費者金融に求められていた役割

資金繰りに困った人の駆け込み寺として機能していた消費者金融でしたが、2010年には貸金業法も改正され、貸出金利が18%に制限されることになりましたが、アイフルは28%を超える金利で貸出を行っていたため、過払い金利を返還する必要に迫られます。

現在は 事業再生ADRを利用して経営再建中ですが、倒産などではないため、通常通り業務を行っています。

クレジット会社と同様の規制を受けて営業しているため、金利・返済・回収の面でクレジット会社との垣根がなくなりつつあります。

関連記事

このページの先頭へ